よしみずのサイクル日誌

自転車と美術館

歌詞

「不協和音」って曲ありますよね。

 

あの、イントロのビート感がすごく好きなやつ(個人的な感想)。

 

いいよね、あのシンセ感?わかんないけど。

ユーロビート大好き人間からすると、ああいう音好きです。

 

でもあの歌詞がねー。

あんまり好きじゃない。

サイレントマジョリティーも似たような感じだけど。

「周りの目を気にして、波風立てるのを恐れて、自分の意見を言わない、それはおかしい、よくない」みたいな。

 

いやそうかもしれないです。その通りです。特に日本人、意見する、ってことが苦手でしょう。よくないことかもしれない。

 

…でもなんでそれここで言われなきゃならんの!?

そういうのは自己啓発本とかいくらでもあるでしょ、それでいいじゃん。

 

いや、若い子たちのグループの音楽だからこそ、伝えられることがあるのかもしれない。本は読まない人でも、曲は聴くかもしれない。

 

でもほんとにそれを伝えたいんですかねえ、彼女たちは。

秋元康がカッコつけて書いてるだけじゃないの。なんで一人称「僕」にしたの。

ケッ、くそくらえ、んなこと言われんでもわかってるよーだ。そんな気持ちもある。

 

ヘビーローテションの歌詞がどれだけいいか。

LOVEマシーンの歌詞がどれだけいいか。

 

僕なんかの人間は、アイドルの曲の歌詞に、そんな自己啓発的な主張は、求めてないわけです。

恋だの愛だの、がんばれ明日は明るいゼ!みたいなの、そういうのが好きなんですよー。

 

まあ、それが古い型だ、って言うんでしょうけどね。

どうにも違うんだよなー。

あれ歌詞先行でメロディーもなんか朗読みたいになっちゃいません?

「僕」つってるけど、別に男子目線でもないし。

なーんかなー。

 

衣装めちゃくちゃ好きなんですけどね。

頭のノリもテンション跳ね上がりますし。

 

だからこそ、歌詞が気になるのかなー。

好きだからこそ、みたいなことなんですかね。

 

そんな僕はジャニーズが好きです。

嵐と関ジャニ∞だけで生きていける。

 

ケヤキだかタスキだか読めないし!知らんわ!

AKBが好きだよやっぱり。。。