よしみずのサイクル日誌

自転車とポケモン、たまにアニメ

ウルトラサン冒険記 2日目

11/18。

 

前回、スイレンの試練まで進めました。

というわけでカキの試練。

…もう全力でふざけてますねw

山男で遊びすぎ!

 

マオの試練は、ラランテスに変更はありませんでした。

ただ強かった…初めてサンをプレイしたときもこいつに負けたことを思いだしました。

呼び出した子分がにほんばれをして、ソーラーブレード連発。

試練の直前でもらえる技マシン「ニトロチャージ」を使うと、「ローキック」でSアドを維持しようとしてきます。

まあ1加速で抜けたので炎Zで飛ばしましたけど。

 

次回はライチさんから。

 

…ここまでしかやってないんですよ。

ポケモンは一日中やってたんですけど。

理由があって。

 

f:id:ysmz7:20171119104214j:image

f:id:ysmz7:20171119104231j:image

f:id:ysmz7:20171119104240j:image

f:id:ysmz7:20171119104251j:image

f:id:ysmz7:20171119104303j:image

f:id:ysmz7:20171119104312j:image

f:id:ysmz7:20171119104323j:image

f:id:ysmz7:20171119104332j:image

f:id:ysmz7:20171119104344j:image

f:id:ysmz7:20171119104352j:image

揃えたぞおおおおおお!

 

…ずっとこの作業してました。

図鑑自体はコンプリートしてたんですけど、進化前とか揃ってなくって。

あとGTSで交換しちゃってたり。

マニューラきつかった…。するどいツメ全然出ねえのな!

 

これでムーンの方でも国際孵化ができます。やったぜ!

ただ、ウルトラサンムーンはかなりポケモンが増えてるので、この300匹で何%埋まるのか…それも楽しみです。

 

まだバンク対応してねえけどな!なんだよそれ!発売日に対応しとけや!

ウルトラサン・ムーン

f:id:ysmz7:20171118110706j:image

やっと!出ましたね!

 

以下、ネタバレ含みますよ。あと攻略記事ではないです。

 

まず主人公。

f:id:ysmz7:20171118110821j:image

女の子かわいい〜!

f:id:ysmz7:20171118110933j:image

雰囲気もかなり明るくなって、

f:id:ysmz7:20171118111346j:image

全体的に派手になった感じがする。

 

最初はニャビーにしました。いつもムーンの周回でアシレーヌ使ってたので。

 

f:id:ysmz7:20171118111815j:image

新しく追加された髪型と、アロハシャツ。

f:id:ysmz7:20171118111935j:image

かわいい…!超かわいい…!

f:id:ysmz7:20171118112051j:image

サンムーンから、キバゴとかのドラゴンタイプ連れてくるのもちょっと気が引けたので、シャワーズとサンダースを連れてきた。ブースター?ネコがいるじゃん。

 

あと、イリマの試練の前に、ポケモンセンターオニスズメルチャブルを交換してくれる女の子がいます。まさにこの試練を攻略するためのポケモン

洞窟の中に「かわらわり」の技マシンもあって、ルチャブルで無双できます。

 

f:id:ysmz7:20171118112417j:image

あとこいつら。ウルトラ調査隊。

思ったより悪いやつではなさそう。

 

スイレンの試練が大きく変わってましたね。結果的には簡単になったかな?

 

ヌシール集めが超楽しい。

 

このあたりで一旦終了。

 

基本的なストーリーは変わらないので、最初はサンムーンをやり込んだからか退屈に感じてましたが、細かく変わっていることも多く、ヌシールやマンタインサーフなど、楽しい要素も追加されてます。

楽しくなってきました。

 

ではまた次回。続きから。

ちゃんとプレイしてません。

f:id:ysmz7:20171112005005p:image

優しくて、積極的で、ちょっとエッチなお姉さんが、

 

f:id:ysmz7:20171112005145p:image

戦うんだけど、

 

f:id:ysmz7:20171112005238p:image

最後はこうなっちゃうやつ。

銀鈴さんパターン。

 

本当に好きなので、何かこういう作品知ってたら教えてほしい。

 

f:id:ysmz7:20171112005906p:image

…ちゃんとプレイしてないのでわかりません。でもCGだけで好き。絵師の力だねぇ。

オリハルコンレイカルはちょっと読んでた。あとジンキね。かわいい子を描かれる方ですよ。けっこう好きです。

 

…なんだこの話…。

ジャイアントロボ

最近見ました。

 

ジャイアントロボ The Animation 地球が静止する日

 

名前と、なんかファラオっぽい見た目は知ってたんですよ、ジャイアントロボ

鉄人28号は知ってるので、同じ横山光輝作品ってのも。

ただちゃんと見たのは初めてでした。

 

結論から言えば、

「銀鈴さん最高に好き」

f:id:ysmz7:20171101225540p:image

久しぶりにガチ恋というか、本当に真面目に好きになりましたね。

元々こういうお姉さんは大好きなんですが、その中でもここまでハマる人はいなかった。

キャラクターとしての性格・言動などもそうですが、結局は見た目によるところの影響も大きいんでしょう。多分僕のフェチにクリーンヒットしてるんです。チャイナ服とか、そのスリットから覗く脚とか、髪を下ろしている所からのポニーテールとか。

f:id:ysmz7:20171101230040j:image

内面的な部分でも、お姉さんとしての優しさや、戦闘時の強くて凛々しい姿、それでいてテレポートした後の儚げな、「この人は僕が守らなきゃ」心をくすぐる感じとか(あの階段から落ちる所のカメラワーク天才じゃないですか?すげぇ興奮しました)。

あの辺で「ああこの人は多分最後に死ぬんだな」と思いましたね。それもまた好きになる要因。美人薄命というか、主人公を庇って死んだりするヒロインが大好きなので。そういう最期ではありませんでしたが。

 

彼女の最期の話をすると、あれは僕ヤバかったですね。あの身体、新たなリョナに目覚めるところでした。正直めちゃくちゃ興奮しましたし、なんて可哀想な人なんだ、別の世界線では僕が寄り添って幸せにしなければ、それでも最終的な運命は変えられずにまたやり直し、とか、とにかく妄想が捗りすぎて。シュタインズゲート的なやつ。

十字架に磔とか、何の作品で拗らせたんだかわかりませんが、そういう僕の古くからの、深くに眠っていたフェチ心を再び呼び起こすような格好でしたし…。

 

エロい目だけで見ると大興奮の終わりなんですが、そこまで7時間くらい彼女を見ているわけですよ。彼女の過去とか、葛藤とか、決意とか。そりゃ情が介入しますから、「うわエッロ!」とはなりませんよね。なんて悲しい運命だと、流石の僕でも心に残るものがありました。

 

まあそのままED終わったら即巻き戻してスクショ撮りまくってたんですが…w

f:id:ysmz7:20171101232628j:image

この絶望感。ヤバいですよね。普段から寝取り寝取られでしかシコってないと、絶望感・喪失感が興奮に繋がるようになります。人間として最悪です。

多分この「引っかかった」感じが、磔に近いものがあるのと、もう息のない、ただの肉体、モノ、という認識に繋がるのでしょう。そして僕の場合、そこから更に興奮に繋がるわけです。もちろん性的な興奮です。

いや〜、死姦だけは理解できない領域だと避けてきてたんだけどな〜!まあ睡眠姦とかマグロ系が大好きな時点でいずれ落ちることは察せられたか〜!

 

…なんか「銀鈴さんが好きだ」って言っておいて、「彼女に性的興奮を覚えた」って話しかしてないと、そういう感じで好きなのか、って誤解されそうですが、決してそうじゃないんですよ?本当に愛してますよ。僕の歴代(当然2次元の)彼女は如月千早、ミーナ中佐、紫吹蘭なわけですが、そこに並ぶくらい好きなんです。マジで励まされたり慰められたり抱きつかれたり頭撫でられたりおでこにキスされたり、年上のお姉さんとしての妄想が止めどなく溢れてくるもん。そして僕も胸に飛び込んだり、手を引いたり、抱きしめたりしたいんですよ。多分僕はエキスパートの1人としてお付き合いさせて頂いてるんでしょうね。そうなると厄介なのが村雨健二です。僕は基本的に作品を尊重しているので、公式に「付き合ってた」と描かれるとキツいんですよね。彼女の村雨への想いは消せないんですよ。それを消したら彼女が彼女でなくなるから。そうなると僕は「村雨を愛し愛されている銀鈴」を愛していて、なおかつ彼女と付き合おうとしているわけです。でも村雨がいる限りこの望みは叶いません。じゃあ村雨健二をなんとかして消さなきゃいけない。でも「元々いなかった」ことにすると、彼女が彼女でなくなるのはさっきも言った通り。ならば「昔いたけど今はいない」としなければいけません。でも困ったことに彼死なないんですよねw本編では灰になって終わりましたが、あれで死んだ、ということなのかはわかりません。だいたいこういう不死身のキャラは、「パーツが分断された場合は再び結合したり再生することで生き返る」パターンと、「超回復能力によって擬似的に不死身となっているため無くなったものは作れず死ぬ」パターンがあるじゃないですか。デオキシスとか。彼の場合それがわからんのですよね。

 

まあいいや。長々と書いてたら飽きました(笑)

外伝全3話が全部銀鈴さんメインで、お色気シーンばっかりなので、有効活用したいと思います。

 

結局銀鈴さんのことしか書いてない…w

Gガン大好きなので、衝撃のアルベルトとかその辺についても色々あるんですが…まあいいや。オッサンたちがカッコいいんですよ…。

 

僕の中では5本の指に入るくらい好きな作品でした。そのうち2周目見ます。

f:id:ysmz7:20171102000817p:image

f:id:ysmz7:20171102000842p:imagef:id:ysmz7:20171102000945p:image

外伝の暴れっぷりは笑えるほどです。

 

ではまた。

コミックマーケット92

f:id:ysmz7:20170814235747j:image

コミケ行ってきました。実は初参加。

 

僕が行ったのは3日目。だいたい11時くらいに国際展示場に着いたのですが、予想の3倍くらい人がいました。そもそもりんかい線からめちゃくちゃ混んでたし。

 

久しぶりのオタクイベント、あまりの人混みに「なんだこれwwwヤッベェwww」と笑いながら群衆の姿を写真に収めることしかできませんでした。

 

…10分くらい様子を見てたら、だいぶ列の流れがよくなったので意を決して吶喊!

f:id:ysmz7:20170815000233j:image

「日差し暑いなー」とか思ってました。この時は。真の敵を未だ知らない僕。

 

通路もけっこう蒸し暑かったんだけど、その先の情景に僕は言葉を失った。

 

f:id:ysmz7:20170815000409j:image

 

なんだよこれ。

どこに人の入るスペースがあるんだ。

しかし無慈悲にも下がるエスカレーター。

いや降りれねえよこれ?下で詰まるぜ?

 

当時の僕はまだ気づいてなかったのですが、ここは確か東4に下りるエレベーターで、東5あたりはFGOの島があったんですね。

あとでTwitterを見て知ったのですが、3日目、特にこの時はFGO島は激戦区で、1番の人口密度を誇っていたらしく。

初参加の僕は死にかけました。

 

…真の敵は湿度だった!

 

…まあライブ後の電車とかで超人口過密状態は経験してるし、足の踏み場もない!というほどではなかったので、結果的にはなんとかなったんだけど、とにかく汗ばんだお兄さんたちと常に密着しながら進むのがつらかった。

あと僕はFGOやってないので根本的にこのエリアにいることにメリットがないってのがデカい。ひたすら体力と精神力を削られるだけです。

 

外だ外!僕は酸素を求めて屋外へ。

 

屋外で身体を落ち着かせてから、12時くらいに、

「そういえばTony氏の新刊はどうなってるんだろう?Twitterでは特に完売とも言ってないし…」

と思い立ち、行ってみることに。

 

そこで僕は再び言葉を失うことになる。

 

「なんだこれ」

 

そこには我が目を疑う光景が。

f:id:ysmz7:20170815001756j:image

あのシャッター横の非常口がTony氏のブースの入口、列の先頭です。

f:id:ysmz7:20170815001900j:image

おっ…

f:id:ysmz7:20170815001918j:image

…なげえ!!!

こんなに並ぶモンなのか。200人くらいいた気がするんだけど。

…Tony氏って人気サークルなんだなぁ(失礼)

 

いやでも委託とかあるじゃないですか。

尊敬するわホント。この状態を見ても新たに列に並ぶ人がいるんですよ。

ホントすげえよアンタ。その熱意はどこから湧いてるんだ。

 

完全に恐れ入った僕は会場を後にするのだった。

 

 そして今日、月曜日。

f:id:ysmz7:20170815002254j:image

委託で買ってきたぞーw

 

初参加の感想ですが、とにかくまあ僕には熱意が足りないと実感しましたね。

湿度とか暑さとか、そのへんは問題ないんですよ、少なくとも今回くらいなら。

ただね、あれに並ぶのは無理です。「そこまでして…」と思っちゃうもの。おそらくそう思った時点で負けなんでしょう。始発で来るのも、そもそも入場のために並ぶのも…正直僕には面倒くさい。

 

熱意が足りない。

根性が足りない。

オタク力(パワー)が足りない。

そんな奴は戦利品を得ることはできない。

 

本当に戦場なんだな、と思いました。

彼らを尊敬します。少なくとも僕は絶対敵わない。

 

凄いよ本当のオタクって。格好いいよ。

ねんどろいどミーナさん

僕の嫁である、ミーナさんのねんどろいどがついに出た。僕の嫁って言葉も最近死にかけてるけど…。

出たはずなんだけど、予約した店からなんにも連絡来ない。

なんなんだろなぁ。確認するの面倒だなあ。

でもまあ嫁だし、そんなこと言ってられないですね。待っててミーナさん。

 

…久しぶりの更新。そのうちメガボスゴドラについても何か書くかもしれないです。

ではまた。

少しキツめのロングライド

前回の小田原

小田原へ - よしみずのサイクル日誌

で、大磯までは意外とすぐ走れることを学んだので、湘南平へ初めて行ってみることに。

 

いつも通り藤沢から海岸線、花水川までひた走る。

f:id:ysmz7:20170423183058j:image

頑張って踏んだつもりだったけど、ストラバのログ見たら35km/hくらいしか出てなかった。

弱いっ!w

 

川沿いに上がって行くと、小高い山が。

f:id:ysmz7:20170423183347j:image

あれが湘南平かなぁ、あれ登るのか、と萎えながら走る。

 

湘南平

初めて行きましたが、調べてみると「初心者向け」とか書いてあったりして、「大したことないんだろうな、余裕やろ!」と思っていましたが。

 

…ひたすら直線の登りが続く。これがパンダ坂ってやつか…!

f:id:ysmz7:20170423184315j:image

インナーローで必死こいて登りました。

「初心者向け」って、湘南国際村くらいかと思ってたのに!

登り応えがあって楽しかった。景色も良かったしね〜。

f:id:ysmz7:20170423184439j:image

これから通うことになりそうです。

 

「パンダ坂」の名前の由来。

f:id:ysmz7:20170423184503j:image

…かわいくねぇ!w

 

そのまま金目川沿いまで出て、いつものルートでヤビツに向かう。

f:id:ysmz7:20170423184616j:image

 

名古木交差点。

f:id:ysmz7:20170423184626j:image

山の上、天気悪そうだけど大丈夫かなぁ…。

 

登り切りまして。

…死ぬかと思った…。 

f:id:ysmz7:20170423184719j:image

平坦と湘南平で、脚がすっかり無くて1時間かかりました。

 

頂上で自転車2台の落車事故が起きて、1人は結構な怪我してたみたいだった。

僕も気をつけなきゃなぁ、と改めて気を引き締めて下ることに。

 

…引き締めて、下ることにしたんですが。

 

事故りかけました。

前を走っていたベンツがコーナーで急停止。Cクラスって結構幅があるんですね。止まらないとすれ違えないんでしょう。

ヤビツは道路の幅が広がったり狭まったりしますしね。走ってるの見た感じ、初めて来たみたいだったし。

その狭まるところですれ違うために急停止したベンツの、左側ボンネットのあたりまで突っ込みましたが、ギリギリガードレールと車体のどちらにも当たらずに止まれました。

死ぬかと思いましたよホント。

てか、僕は下りが下手なんですよね。コーナリングも、ブレーキも。

いきなり停車しようとすると、すぐリアをロックさせちゃうんですよね。

…練習しなきゃなぁ。どうすればいいのかわからんけど。

 

ヤビツ下ったら、海岸線まで出て、藤沢から境川上がって、飯田牧場へ。

 

途中、信号待ちしていたら、反対車線に赤いクルマが。

カ、カウンタックやぁぁあああ!!!

おったまげました。実際に初めて見ました。

その後ろにフェラーリ3台。F50(!)とF40、F355。これだけでもとんでもない。

ヤビツ登ってヘロヘロだったのに、「追いかけるか!!?」と一瞬本気で思うほどの衝撃でした。

f:id:ysmz7:20170423190818j:image

いい天気の日曜日のおやつの時間。混んでました。

お母さんも、これから先の季節は、15時頃には売り切れちゃうから早めに来てね〜、と。

家から10kmだし、もう午前中に行くくらいの心がけでいこうと思います。

f:id:ysmz7:20170423191112j:image

というわけで、120kmのロングライド、いろいろあって疲れました。

 …カウンタック、平べったかったなぁ…。